アナログをデジタル処理することに
こだわっている大日方です。


アナログアナログってことで、
手書きのフォローレターをお勧めし、
すごい興味を持って頂けるのですが、
ただアナログなだけではイマイチです。


アナログにデジタルを融合させるのが
いま必要なことです。


アナログで手間をかけることは
なかなかできる人もいないので、
逆に目立ちます。


あれ、この人、
自分のために書いたのかな


そう思って頂くメリットって
ありませんか?


10人しか送る相手がいないなら
頑張って書いたらいいと思います。


でも、それが500人いたら…。


たまーに手書きのハガキをいただきます。


先日、私が所属するビジネス交流会に
いらした方から御礼のハガキを頂きました。


私が彼女に役に立ちそうな方を
すぐにお繋ぎしたのです。


他のメンバーにもひとり、
送っていました。


彼女のは手書きだったし、
他の人にも送っているなんて
何てマメな人なんだろう、


そう思いました。


100回のメルマガよりも
1回の手書きのハガキの方が
効果があります。


このところ前にお会いした方に会う場合は
手書きレターを渡していますが、
かなり好評です。


「うれしい!」


とまで言われることがあります。


そのくらいのインパクトを与えられる
アナログの手法、
今年度は力を入れたいなと思っています。


またメールしますね。