大日方です。


知り合いの野菜工場の社長が
パクチーパクチー言うので、
Facebookで紹介してみたら、
とんでもない話が舞い込んできました。


やってみるもんです。
まさかこんなに反響があるとは。


Mさん、Tさん、ありがとうございます!


さて、今日はコーチが持つべき
3つの視点の3つ目です。
これが一番大事だと思ってます。


クライアントの成長を促進するために、
コーチは3つの視点を持つべきと言われます。

・Possession
・Behavior
・Presence

今日は、


Presence


について、書きます。


Presenceって何よ?と思う方もいるかと思います。
大丈夫です。大日方もそう思いました(笑)


Presenceとは「存在」「出席」という意味ですが、
「考え方」「信念」のことです。


Possession(知識、スキル)があって、
Behavior(行動)がはっきりと決まってるけど、
動けない…ってケース、ありますよね。


頭ではわかっていても、
本心では理解していないという感じです。


そこで大切になるのは、
価値観だったりします。


相手が大事に思っていることは何なのか?
どういう風にしていきたいのか?
その行動をして目標を達成することは、
どんな意味があるのか?


そんなことをすり合わせていきます。


ここがずれてると、
すこぶる納得感がないコーチングになります。


押し付け、尋問に聞こえ、
正直うるさいなあと思ってしまうでしょう。


言わされている感覚と言ったらいいでしょうか。


自分で宣言したからにはやらないとと思うものの、
本心からやりたいと思っていないことをやるのは
非常にストレスです。


追い詰められている感覚になります。


それで目標達成ができるでしょうか?


短期的には効果があるかもと思いますが、
長期的に考えるとコーチング失敗かもしれません。


なので、

・Possession
・Behavior
・Presence

の3つの視点を持ちながら
相手と向き合っていく必要があります。


これは、経験的にとても大事で、
これずらしてると成果が出ません。


もしもコーチングのスキルを取り入れて
仕事をしたいと思うのであれば、
この3つの視点は大切なので、
覚えておくと役に立つと思いますよ。


またメールしますね。


【追伸】
先日、ある人とある人をお引き合わせしました。


ビジネスパートナーとして補完関係になれるし、
お互いがお互いに紹介をできる関係性が
できると思ったから、お引き合わせしました。


やっぱりジョイントベンチャーって
いいですね。


ジョイントベンチャーでいいのは、
新しい商品ができ、
新しい営業戦略ができることです。


こういう組み方したら、
こういう営業ができるなと
どんどんアイディアが出てきます。


単体では営業がしにくいサービスでも、
切り込みやすいサービスとジョイントすると、
一気に動きやすくなります。


ただ単にターゲットが同じ、
というだけでは
ジョイントは失敗します。


巷にはそんなジョイントが
溢れています。


2016年、ジョイントセミナーで
成功したい方向けのセミナーです。


ジョイントセミナーのメリットは、

・集客が楽になる
・単価が上げられる
・成果が出やすい

などが挙げられます。


ジョイントベンチャーのことばかり
森本さんと話をしているので、
いつも考えるようになりました。


どんな新しいサービスができるのか、
までは皆さん考えます。


でも、どんな新しい営業戦略ができるのか、
まで考えないと失敗します。


それに必要なのは、徹底的な◯◯◯◯です。


これについては、セミナーでお話しします。


2016年1月29日(金) 13:00-16:00@市ヶ谷

▼詳細はこちらです▼
http://bois-mc.com/dhcz


▼無料動画セミナー配信中です▼
なぜあなたのジョイントセミナーが失敗するのか?
その答えについて話をしています。
「なぜジョイントセミナーが失敗するのか」